2013年6月15日土曜日

ベルトルト・フーバー(10・11巻 台詞)

第39話『兵士』

「待てよライナー! 待つんだ! ライナー・・・」
「あぁ・・・悪いクセだ・・・」

「ライナー」
「ライナー無事か!?」

「あ・・・・・・あぁ・・・! 帰ろう!!」


「あぁ・・・僕もそう思う」

「イイヤ、昔のライナーは・・・戦士だった。今は違う」


第41話『ヒストリア』

「正体を明かし兵団に貢献することもできたはずだ・・・エレンみたいに。でも・・・・・・そうしなかったのは、それができなかったから・・・・・・なのか?」

「・・・一体、ユミルの目的は何なんだ・・・」


第42話『戦士』

「そうだよ・・・ライナー、故郷だ! 帰ろう! もう帰れるじゃないか、今まで苦労してきたことに比べれば後少しのことだよ」

「な・・・・・・何を言っているんだライナー」

「・・・!? あ・・・・・・あぁ・・・そうだよ! ライナーは疲れてるんだ!」


「ライナー・・・・やるんだな!? 今・・・! ここで!」

「あぁ? あああ、うああああああ」


第46話『開口』

<腕を噛んで巨人化しようとしたエレンに>
「エレン!! やめろ!!」

<"兵士"のライナーに>
「…! ……ライナー」

<ユミルにライナーが変調(兵士化)した理由を問われて>
「……ライナー…君は、兵士じゃないだろ。僕らは戦士なんだから…」

【エレン「オレの母さんが巨人に食われた時の話をしたよな? ~あの時、どう思ったんだ?」】
「…あの時は…気の毒だと思ったよ」

0 件のコメント:

コメントを投稿